長期優良住宅・自然素材

外壁下地検査完了

屋根断熱205mm

屋根裏天井:パイン仕上

長期優良住宅仕様の家も内部木工事に入っています。
屋根断熱工事から始めましたがH235mmの垂木間に205mmの高性能グラスウールを充填しました。
耐火性能を高める為と気密性能向上の為に屋根裏全面に石膏ボード12.5㎜を張り詰めました。
これで省令準耐火仕様もクリアーしやすくなります。
二世帯住宅の若世帯のLDKとなる2階リビング天井は屋根断熱を利用した勾配吹抜天井となっており仕上げはパイン無垢板仕上げです。
床仕上げもパイン無垢板を張り詰めました。
内装壁についても建物全て珪藻土仕上げを予定しており全てを自然素材でまとった内装仕上げになりますが工程が気がかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA