長期優良住宅・断熱工事

外壁工事終了気密工事・コンセントボックス長期優良住宅仕様の家も外壁工事が終わり内部では断熱工事が進んでいます。
工事としては隠れてしまうので画像的には面白みがないのですが寒冷地住宅では一番大切な工事です。
今回は基礎断熱でなく床暖熱を採用したのですが床断熱部分に使ったフェノバボードを下屋フラット部分二枚重ねで使いました。
フェノバボードは断熱材として非常に優れものです。熱伝導率0.019(W/mK)は一般グラスウールの2.5倍の断熱性能です。
外周壁部分は高性能グラスウール14K105mmで包みました。しっかり気密ができるように気密テープを入念に貼ります。
コンセントボックス部分は専用気密部材を使用し気密テープでふさぎました。
高速道路からの騒音もかなり抑えられた気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA